■2000年、1シーズンぶりにスノボ■

1998年〜1999年のシーズンはアメリカに移動したこともあって、スノボに行けなかった。今回、1シーズンぶり、しかもアメリカでの初のスノボに行く事に。計画としては、シーズン中は友達たちとロッジを借りてひたすら滑る、ということだったけど、なんせ「雪が無い」という状況だったから、行く気が起こらなかった。でも、気温がかなり下がってきてるし、雪が期待出来そう、ということでついに行く事に。

Squaw Valley 1/15〜1/16

-- 1月15日
天気予報では曇りと言ってる。朝、8時過ぎに友達の家へ。ロッジはLake Tahoeの湖岸にある街、Tahoe Cityに借りてるから、寝泊まりするのに問題はない。680、80と乗り継いでTruckeeへ。昼頃に到着。ここから更に89でTahoe Cityに行く予定。ちょっとのんびりというか、時間潰し。そう、何と雨が降ってたのだ (- -;

めちゃめちゃショック!雨だけではなくて、89も閉鎖されてるし。しかも、何で閉鎖されてるのかが分からない。街中をぶらぶらしつつ、見てまわる。

Truckeeは街としてはかなり古いらしい。なんかそういう感じの作りにはなってるから、ちょっと写真撮影。

Truckeeの説明が入ったパネル。

昔は駅舎だった建物

ホテル。本当に作りが古臭い。

地元のスーパーマーケットのSafewayでワインを買う。で、レジのねーちゃんに、「89が閉鎖されてるけど、なぜ?」と聞くと、「AM3時頃から閉鎖されてるけど、タンクローリーが横転したみたい」という。何じゃそりゃ!って感じ。まー、原因は分かったけど、道路はPM2時頃に通行可能になる、と道路情報では言ってる。しょうがないから、今日は酒でも飲んでのんびりする事に。

車の中から撮影。雨...。

Truckeeから見える山。雪がちらほら。

なんとか89は開通。早速Tahoe Cityを経由してロッジへ。

ロッジに到着。かなり雪がある。

ロッジの中はこんな感じ。

とりあえず、ロッジの周りは雪だらけだから雪かきをする。ちょっと疲れた。で、部屋の中でのんびり。今日は一緒に来た友達のあたるさんと、後で南さん夫妻とそうちゃん、大介君とその友達2人が来る予定。

2人で漫画本を見たり、TVを見たりして時間潰し。酒も飲んでるけど (^^; ちょっと失敗したのは、こんな状況になるんだったらPlay Stationでも持ってきてゲームに燃えれば時間が潰せたんだけど。で、遅れて南さん夫妻とそうちゃん登場。夕飯をどうしようか?ということで、材料を買ってきて食べる事に。ピザとかチキンとか色々。その後はのんびりとまた酒を呑みつつ。

大介君。


デジカメのイメージで盛り上がる南さんとあたるさん。

酔っ払いと化した私。

-- 1月16日
朝、早起きして準備。外を見ると雪がシンシンと降ってる。良い感じだ。「どこに行こうか?」という話になったけど、状況が良さそうなSquaw Valleyに決定。皆で雪かきをしたり、チェーンを付けたりして出発。

車の中から。いい感じに積もってる雪。

Squaw Valleyの入り口にある建造物。

Squaw Valleyのコースガイド。

ということで、皆とは行動は別々。とりあえず、昼の待ち合わせ場所と時間を決めてガンガン滑る事に。


チケット売り場の側では、なぜかマーチングバンドが演奏中。この寒い中、よくやるよ。

早速、ゴンドラに乗って上のほうに。色々とコースを攻めるけど、日本とはちょっと違う感じ。なんせ、圧雪をあまりちゃんとしてないから、新雪でしかも傾斜の無いところに行くと大変な目に遭う。ちょっとハマった (^^;

雪質的にはかなりいい。軽いというかパウダースノー。あっという間に昼になったので、待ち合わせ場所へ。昼飯を食ってちょっとのんびり。で、夕方までまた滑る。

昼飯後は2時間ほど滑って昼飯を食った所へ。久しぶりだし、ちょっとセッティングがいまいちなのか、かなり足に負担がかかって太ももが張ってきたし。ちょっと休憩してると、あたるさんと遭遇。「もう十分滑ったから帰ろうか?」ということに。時間的にもいい時間だし。

帰る前にワンショット。かなり疲れた。

帰りは80でなぜか自然渋滞でかなりスローダウンしたけど、San Joseまで4時間で到着。久しぶりだったからちょっと疲れたけど、楽しめたスノボだった。

All Rights Reserved, Copyright (C) 2000 Hiraki Tamaki
hiraki@tamaki.net